【Notion】記事を集めたらノウハウの質がえげつないことになった

1年間notionをやると知識量が爆発した。

sf-image


ざっくり言うと

  1. Notionを1年間使い続けた結果、知識がたまり、ノストラダムスに近づいた。
  2. 全件タグ付けしながら見直していくと、何度も同じノウハウや派生ノウハウを目にすることになり、質が高まった。
  3. ライフハック系のノウハウの例を共有。


Notion初めて知識量が爆発


Notionを初めて1年くらいになると、webクリップした記事やメモした内容がさすがに溜まってくる。


現在100,000アイテムをこえたNotion。今もなお増殖を続ける。


たまった知識はなんとなく頭の中を漂い、たぶんアイデアや未来を考えるときに役立っている気がする。


コロナ予言の記事は、一旦の成果として書いてみた記事である。当ブログでも久しぶりのヒット作である。


【新型コロナ】アフターコロナを予言しよう。ごんじっちダムスの大予言


ただ予言の場合ソースを示しづらく、根拠が薄くなる、という欠点にも気づいた。ただ思考実験として未来予測への挑戦は続けたい。


Evernoteを利用していた時もそうだったが、流石に一旦情報を蒸留する必要が出てきたので、今回Notionで情報を整理してみた。



タグ付けの日々


無心でタグ付けを行い、1年分の情報の蒸留をおこなった。

notion-image

notion-image2


やってみるとわかるが、一人事業仕分けである。2位じゃだめなんですかって言いたくなる。


何回おなじノウハウを得てるんだ俺、ってなる。今まで読んだ記事とか本とか読み返してほしい。


思ったより成長していない。同じノウハウが形を繰り返しタイムラインに現れているだけである。


政治の問題やデジタル化が進まない会社の挑戦、なんてものはわかりやすい。同じことがずっと繰り返されている。


一方で、派生ノウハウが溜まってくることでノウハウの進化も感じた。


人は色々悩み、考えるので、一見同じ問題に直面しているようで違うアプローチで解決しようとし、面白い結果を生み出している。


そして人が飽きていく過程も見えてくる。株価、タピオカからのバナナジュース、脱毛とか腹筋ベルトとか、いきなりステーキが飽きられていく過程も見ていると興味深い。飽きられるきっかけのようなものが人ってあるんだなあと感じる。



おすすめライフハック


Notionのステマは一通り終わったので、せっかくなので1年間で見つけたおすすめライフハックを紹介したい。その前に過去記事どうぞ。

【Notion】EvernoteよりNotion。Notionテンプレートを見てみよう。


その本、図書館にあります(chrome拡張)


book-image


chrome拡張で、Amazonのページを見ている時に、自分が行く図書館に蔵書があるか検索できる。カーリルAPIを利用して蔵書検索を行っているとのこと。本全部買うと高いので、大変お世話になっている。


片付けの方法


kataduke-image


ものが増えがちな人に向けたただのブログ記事だが、シンプルで扱いやすい。片付けあるあるを全部通過した人の記事なので、全部参考にできた。ときめきだけで捨ててもいいと思いますけど。


催眠術「こころのウイルス」


mind-virus-image


今年の僕のトピックは催眠術を使えるようになったことだが、そのきっかけはこちら。自己催眠を有効に利用してこころにはびこるネガティブな心理や依存をなくしていく方法が描かれている。僕はこの本で催眠術を学んだ結果、弟の苦手な食べ物と虫を克服させることに成功した。サイキックごんじっちの誕生である。



【最大50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン

余談



筆者による筋トレアプリ、BADDYができました。
なかなか難しい筋トレのやり方、ジムの器具の使い方をアプリで見ながら、初めてのワークアウトをやってみよう。 運動メニューをダウンロードして、ワークアウトのお供にしよう。
最近家トレメニューを増やしました。


bady-image


詳細は下記。 https://baddyworkout.com/blog/2017-01-04-start/


このエントリーをはてなブックマークに追加