【NLP】暑い時は、天然のサウナと考えよ

NLP!NLP!NLP!


ざっくり言うと

  1. 猛暑が続く。暑いと会話する人たち。
  2. 僕は暑いと言わない。なぜなら自分の中で室外は天然サウナ、室内は水風呂ということになっているからだ。
  3. 自己催眠により知覚を操作できるようにする心理学をNLP(Neuro-Linguistic Programming -神経言語プログラミング-)という。


猛暑


日本は今年、冷夏と見せかけて猛暑だった。


世間ではどうせ「殺人的な暑さだ」「今日も暑すぎる」「温暖化を感じるわ」とでも言っているのだろう。



喝!たわけ!


そんなに弱気でどうする!


てか暑いとか言ったら暑いだろうが!当たり前のことを言うんじゃあない!



外は天然サウナ


私は暑いと言わない。


私の中では、外は天然サウナだからだ。


サウナならば、暑いのは当たり前だ。


サウナは暑いと文句を言う場所ではない。サウナはととのう場所だ。


じっとこらえ、ととのう準備をするのだ。


やがて室内という水風呂が、君を待っている。



NLPとは?


私は狂っているのではない。


私は自己催眠を行い、猛暑への認知の仕方を変えたのだ。これをNLPという。


NLP(Neuro-Linguistic Programming:):神経言語プログラミングとは、人間の知覚は過去に認識・体験した刺激により無意識のうちにプログラミングされており、行動や反応がコントロールされているという前提をとる。プログラミングを積極的に書き換える行動を取ることで、人の心理状態や行動を変えることができる、と考える心理療法の一つである。

以前紹介した「こころのウイルス」は、NLPの文脈に位置する実践本である。


猛暑に対して通常は暑いと反応するが、私の場合は「暑いと今自分は感じている」と反応する。感情を客観視するのである。


すると私の反応はプログラミングできる。猛暑に対してサウナと捉えるようにプログラミングしているので、私の「暑い」という感情は「サウナにいて暑いのは当然である」という解釈に変わる。


結果、私から暑いことによる不快感は消え去るのである。


まさか、と思うかもしれない。実際、自在にNLPを使いこなすには継続的な実践が必要である。


まずは猛暑をサウナと思うことからはじめ、次に「こころのウイルス」を読んで実践しよう。あなたの苦手だったものが、消えるかもしれない。



【未来のつくりかた-Audiで学んだこと-】アウディの日本人デザイナーが語るデザインセンスの価値とEVの未来。

デザイナー和田智氏が生んだアウディのスタンダードとデザインが持つ力。そして一足早く作り上げたEVに見えるクルマ社会の未来とは。

Cover Image for 【未来のつくりかた-Audiで学んだこと-】アウディの日本人デザイナーが語るデザインセンスの価値とEVの未来。-image

【良い戦略悪い戦略】下手な戦略は会社を潰す

戦略学者ルメルトの良い戦略の原則。エヌビディアの戦略巧者ぶりに脱帽。

Cover Image for 【良い戦略悪い戦略】下手な戦略は会社を潰す-image

【システムシンキング】パパ活は女性の金銭感覚を失わせる貴族の遊び

システムシンキング的な発想でパパ活の危険なロジックを解き明かす。貴族の遊びは女性が社会復帰できなくなる危険なスパイラルに陥る可能性がある。

Cover Image for 【システムシンキング】パパ活は女性の金銭感覚を失わせる貴族の遊び-image