【Notion】テンプレート検索サイトが便利!NotionIconsや日本語解説本(kindle)もあるよ。

テンプレートの検索サイト、Notion用のアイコン、日本語の解説本(kindle)など、Notionプラットフォームを支えるエコシステムが揃ってきた。


ざっくり言うと

  1. Notionはいよいよプラットフォームへ。
  2. テンプレートを検索できるNotionEverythingや、Notion Iconsで自分だけのNotionを作り上げよう。
  3. 日本語解説書がKindle Unlimitedに登場。まずは使い方から知ろう。


日本でも浸透してきた、Notion


日本でもいよいよライフハックツールとしてNotionが浸透してきた。


AsanaもNotionもライフハッカーで取り上げられていた頃がいまは懐かしいが、日本で随分と広まっている感覚がある。僕のもとにもNotionを教えてほしいという話がしょっちゅう来るので、オンラインレクチャーをやったこともある。


Notionの成長はslackと似ている。それは、経営者が開発に集中しており、プロダクトの改善とありとあらゆるサービスとのAPI連携を徹底的に進めたことである。


僕が参加したときは、Evernoteから移行すると3ヶ月無料みたいなキャンペーンが行われており、試しにimportを実行するとものすごい制度でAPIが実行され、スムーズに移行できたのを覚えている。


slackも登場時はTwitterのslack連携などが流行っており、好きにサービスをつなげてあそんでいた記憶がある。エンジニアにとっては開発で利便性をバク上げしてM&Aや上場を果たすのはなんとも夢がある話だ。


Notionも順調に成長を遂げたことで、周辺のエコシステムがそろってきた。今回はテンプレート検索ツールとアイコン集、日本語解説本(Kindle)を紹介しよう。



テンプレート検索


まずは豊富なテンプレートを検索できるサイト、Notion Everythingを紹介する。



文字通り様々なテンプレートを見つけることができ、自分にとって使い勝手が良いものを見つけることができる。


Notion公式のものもあれば、一般の人が販売している有料/無料のテンプレートも検索することができる。自分で作成したテンプレートを公開することで、販売することもできる。



個人的に興味深かったのは、大学生活をNotionで送ったという方のMy Study Hubというテンプレートである。自分だけのオリジナル手帳を楽しんで作成しており、実際にダウンロードするとよくできている。ぜひ学生の人は試してみてほしい。




Notion向けアイコン集


自分だけの手帳としてNotionを使う時、それぞれのページを区別する時に統一感のあるアイコンにしたい時がある。そんな時に最適なのがNotion Iconsである。



ライトモードとダークモードに対応し、アイコンを共通の雰囲気で統一できる。COPYを押してpageの「Add Icon」からアイコンを貼り付けると適用できる。




日本語の解説書


日本におけるNotion公式アンバサダーをされている株式会社ノースサンドさんは、これでもかと丁寧に解説したkindleをAmazonで提供している。


AmazonのKindle Unlimitedで無料で読めるので、サービスに入会している人はぜひ読んでみてほしい。多くの人が挫折するNotionのハードルをきっちり捉え、ベストプラクティスを示してくれている。



個人的には、ページの階層の作り方について、著者と試行錯誤ポイントがほぼ一緒だったことに共感し、思わずTweetしてしまった。



ぜひNotionに入門し、人生を加速させてみてほしい。

【誰のためのデザイン】アフォーダンス、取っ手は人につかむことをあらかじめ誘っている?

アフォーダンスという概念の誕生はこの本から。人の行動を混乱させるデザインとは?

Cover Image for 【誰のためのデザイン】アフォーダンス、取っ手は人につかむことをあらかじめ誘っている?-image
Cover Image for 【Kindle】Kindleハイライトを一覧できるサイトから、ハイライトをコピペして一瞬で書籍の要約を作る-image
Cover Image for 【Notion】記事を集めたらノウハウの質がえげつないことになった-image