【Notion】EvernoteよりNotionでしょシリーズ【書籍レビューギャラリーを作る】

Notionで以前紹介した書籍まとめのページを作ってみましょう。デモページ付。

image

どんなものができるか?

image

  • 本記事の完成イメージは下記リンクから参照できます。

gonjittidemo

image

ざっくり言うと

  1. ギャラリービューで書籍レビューのデータベースを作成します。
  2. Notionに書籍レビューのテンプレートを作成します。
  3. 内容はkindleなら要約部分にコピペ(過去記事参照)、書籍ならばmarkdown形式で記載していきます。


Notionにギャラリービューでデータベース作成


左のドロワーメニューから「Add a Page」を押下し、DatabasesのGalleryを選択します。

後からViewは追加・変更できるので、GalleryじゃなくてListを追加したい、みたいなことはできますので、ご安心を。

image


すると、3ページくらい例がある状態でページが作成されるので、タイトルとカバー画像(Add a Cover)を変えましょう。

image


カバー画像はランダムに一つ選択されるので、UnsplashからBookでも選択していい感じにしましょう!
自分の好きな画像もアップできますよ。

image


できましたー。いい感じですね。知識をためていきましょー。

image



Notionに書籍レビューのテンプレートを作成


次はテンプレートを設定しましょう。右のNewにある↓みたいなマークを押すと、New Templateが出てくるはず。

image


モーダルでページが出るので好きにテンプレートを作成できます。議事録テンプレートとかでも使えそうですね。(ていうか僕は使ってます)

image


好きなProperty(設定値)を指定していきましょう。

image


下記は僕の完成図ですね。URLとPDFとAuthorを入れておくと大体大丈夫です。Add an Imageはほんのタイトルカバーを撮っておくとギャラリーで映えます。

image


こうすると以降、newの右を押すとテンプレートから書籍まとめを作成できるようになります。

image



あとは書籍のまとめをテンプレートから書いていこう。


以降は好きにテンプレートを利用してまとめを書いていきましょう。


kindleの場合は、下記記事でも紹介したkindleハイライトを活用したコピペ術が応用できます(あくまで個人利用にとどめてくださいね)

【Kindle】Kindleハイライトを一覧できるサイトから、ハイライトをコピペして一瞬で書籍の要約を作る


書籍の場合はタイピングして要約を作成していくことになります。markdown形式で記載できるので、慣れれば問題なく使えるはず。

Notion公式ヘルプのmarkdown記法紹介

参考

僕の書籍活用

  • 下記のように分けてます。ビューはListとGalleryを使い分けてます。

image

招待リンクから1ヶ月無料で利用できるよ

まだアカウント持って無い方は1ヶ月おためしで使い倒すことをおすすめします⭐️

招待リンク

書籍まとめのデモ

  • 本記事の完成イメージは下記リンクから参照できます。

gonjittidemo



余談(おすすめ本コーナー)


おすすめデザイン本。ずっと使えるデザインのコツがびっしり。自分もよく利用してます。


【経営行動】第10章 忠誠心と組織への一体化。個人の忠誠心はいかに育まれるか。

組織に効用をもたらすキーは個人の忠誠心である。忠誠心と組織への一体化のメカニズム、副作用を描く。

Cover Image for 【経営行動】第10章 忠誠心と組織への一体化。個人の忠誠心はいかに育まれるか。-image

【Notion】EvernoteよりNotion。Notionテンプレートを見てみよう。

何でもできる。Notionのテンプレートを参考に、マイライフ管理を充実させよう。

Cover Image for 【Notion】EvernoteよりNotion。Notionテンプレートを見てみよう。-image

【仕掛学】ついしたくなる仕掛け

面倒なことでも、ついしたくなる仕掛けで印象が変わる。

Cover Image for 【仕掛学】ついしたくなる仕掛け-image